幼児の英語教育は早い方がベターな理由と、大切な3つのポイント

くらす
スポンサーリンク

世界を舞台に活躍する日本人が増えてきた昨今。

子どもにも英語を習わせて、英会がしゃべれる方が将来良いのではないか。
英語がしゃべれるほうが、将来の選択肢が増えるんじゃないか。

なんて、お子さんに幼児の頃から英語教育をするべきか悩んでいる方、多いと思います。

結論から言うと、幼児の英語教育は早い方が良いのは間違いありません。

その理由と、英語教育の大切なポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

幼児の英語教育は早い方がベターな理由とは?

幼児の英語教育が早い方が良い理由は、英語脳に関係しています。

英語脳とは

東京大学大学院の教授などが研究をした結果、科学的に“英語脳”というモノがある事が証明されています。
英語脳を詳しく説明するのはとても時間がかかりますが、簡単にその概念を解説すると

りんごを見た時に

りんごを見る → 英語に訳す → 「apple」 これが通常の脳
りんごをみる → 「apple」と認知する これが英語脳

つまり、日本語から英語に訳すことなく、見たものがそのまま英語で思考認知できる脳の状態の事を言います。

日本語で置き換えればイメージしやすいと思いますが、りんごをみたら「りんご」と認知しますよね?
あえて言うならば、それが日本語脳と言う訳です。

この英語脳になる事が、英語をしゃべれる様になる大切な要素の一つです。

英語脳を作るのは、何歳までリミットか

その英語脳を作るには、年齢的なリミットがあるのでしょうか。

とあるアメリカの神経科学者が、英語学習を始めた年齢と英語の習熟度の相関関係を調査しました。
それによると、年齢が上がるにつれ、英語力テストでのスコアが下がるという結果が出たそうです。

7歳までに英語環境で生活すれば、ネイティブに近い英語力を習得できるそうです。
逆に8歳を過ぎると、それ以降は年齢が高くなればなるほど、習得率が下がるそうです。

神経科学者の研究結果からも、早く始める方がより習得率は上がるという事が分かっています。

だから、英語教育は早い方が良いんですね!

幼児の英語教育で大切な3つのポイント

幼児の英語教育で大切な3つのポイントを挙げていくと

英語脳を作る

英語脳を作る事が、英語がしゃべれる様になる為にとても大切な要素の一つです。

幼少期から英語教育を始める

8歳を過ぎると、年齢が高くなればなる程、習得率が下がります。
早く始める事が、英語がしゃべれる様になる為の大切な要素の一つです。

子どもが自分でやりたいと感じる事が最重要!

忘れがちなのが、子どもが英語教育をどう感じるかです。

子どもは「やりたいと思った事をやる。楽しいと思った事をやる。」のが毎日の生活です。
やりたくない事については、本当に身に入りませんしやる気も出ません。

そして、やりたくない事を強要されるとストレスがかかり、その他の楽しい事も楽しくなくなってしまいます。

子どもの教育は、いかに子どもが自分から「やりたい!楽しい!」と感じる様な環境を作れるかです。

まとめ

子どもの将来を思い、英語教育を早くから始めようという気持ちはとても良くわかります。
そして、少しでも早く始める事はとても大切です。

しかし、子どもの仕事は遊ぶ事。全力で体を使い、お友達と走り回って、豊かな感性を磨いていきます。
なのでぜひ、楽しんで遊ぶのと同じように、英語に興味を持ってもらう様なアプローチが出来ると良いですね。

子どもが自分から英語に興味を持ち、学んでいける環境づくりに、力を注ぐのが最善だと思います。

子どもの「やりたい」「たのしい」「好き」を引き出すオススメ英語教材

「毎日見るだけ30分」
5年かけて開発された本格英語教材

ミライコイングリッシュラボ

幼児が釘づけの英語学習DVD

Goomies English for Kids DVD 幼児英語DVD

アメリカNo.1オンライン教材で、子どもの英語脳を育てよう

Rakuten ABCmouse

コメント

タイトルとURLをコピーしました