シュノーケルって実は手軽で楽しい!今すぐ始める方法を紹介!

たのしむ
スポンサーリンク

こんにちは、オリヴォンです!
近々、初島へ日帰り旅行に行くことになりましたっ♪
初島から近い熱海周辺にはよく遊びに行くのですが、初島に行くのは初めてです!
気の知れた仲間同士で行くことや夏の海に行くことはもちろん楽しみなのですが、綺麗な海でのシュノーケルなどの海レジャーやランチも猛烈に楽しみですっ。

ということで今回はシュノーケルをメインに書きます!
これまで行ったシュノーケルポイントや情報を中心にお伝えしていきます!!

◾️シュノーケルには何が必要?

オリヴォンは夏場しか海に入らないので、夏バージョンでお伝えします。

・必須アイテム

・水着
・ゴーグル
・シュノーケル
・マリンシューズ

・あったら便利なアイテム

・フィン
・ライフジャケット

ゴーグルとシュノーケルは大抵セットで販売されています。
性能や高いデザイン性を求めなければ2.3000円程度で購入できますよ!

フィンがついていてもかなり安価でグッズを揃えられちゃいますね!

シュノーケルで鑑賞できる魚たちは大抵岩場付近を泳いでいます。
ビーチとは違い海に入るときは岩場を歩くことになりますので、マリンシューズは必須と言えます。
少し深いところに魚たちがいるポイントでは、マリンシューズではなくフィンで入り海底に向かって潜って行けば、よりシュノーケルを楽しむことができます!

基本的にシュノーケルポイントは湾になっているため、大きな波が入ってくることはなく、溺れる心配がないのでライフジャケットが必要というケースはありません。
ただ、本当に溺れるのが怖かったり足を吊って沈むのが怖い!という人はあった方が安心です。

まだ、水面近くに魚たちがいるようなポイントではライフジャケットがあれば体が水面に近くなるので、より魚たちの近くで戯れることができます。

◾️おすすめシュノーケルポイント

オリヴォンが行ったことのあるポイントを一部紹介させていただきます♪

・熱海サンビーチ(静岡県・熱海市)

東京駅から電車で一本!
都心からのアクセスも抜群の熱海ですが、そこそこ海の透明度も高いんですよ。
そしてここの最大のポイントは、砂浜だということです。
シュノーケリングは岩場スポットがほとんどなので、初心者にはとてもオススメです。
さほど深さもなく、少し潜ってみただけでたくさんの魚を発見することができます。
これからはじめてみる方にはぜひこちらをオススメします!

・ヒリゾ浜(静岡県・中伊豆)

ここは日本屈指の透明度を誇る素晴らしいシュノーケルポイントです。
ここには直接繋がる道がないため車ではなく、フェリーでの移動となります。
乗り場で往復の券を購入します。
浜へのフェリー移動時間は5分程度。浜とは言いますが全面的に岩場をです。
岩場自体も広くはなく、ビーチではないためシートを広げて長い時間のんびり・・・には向きません。
夏休みシーズンには岩場にビッシリ人が埋まるほとです。
夏休みシーズンをずらして行ける人には全力でずらすことをオススメします!
ただその分クオリティは抜群です。一度はぜひ行ってみていただきたいです!

・真栄田岬(沖縄県・恩納村)

沖縄で一番人気のシュノーケルスポットです!
沖縄で一番なので、すなわち日本で一番クオリティの高いスポットと言っても過言ではないと思います笑
シュノーケリングする人はもちろん、スキューバーダイビングの人たちも多く、夏場は混雑必至です。
パーキングは180台も駐車できるのですが、いくぶん人気なので長蛇の列は覚悟して行く必要があります。
パーキング周辺には相当な量のコインロッカーがあるので安心ですし、シャワーや飲食施設もあります。
かなり有名なところなので、地元の公式HPもあります。

ライブカメラを見れたり、遊泳可否や施設情報なども確認できます。
ここに行くためには那覇から北上する必要があるため、ビジターの場合はレンタカーでの移動が必須です。
ダイバーだけの楽しみですが、ここには青の洞窟(って呼ばれているとこはたくさんありますが・・)もあります。
また、岬ともあり展望台(東屋展望台)があり、素晴らしい見晴らしを眺めることができます。

・新城(あらぐすく) 海岸(沖縄県・宮古島)

オリヴォンは宮古島には1度だけ行ったことがあります。
毎回沖縄旅行に一緒に行く友達の中に天性の雨男がいまして、案の定旅行の時期も台風が直撃してしまいました。
台風通過中はホテルに缶詰め状態となり、ただただホテルで泡盛飲み続けること2日・・・
ようやく台風が過ぎ去り晴天に!とはいえ通過直後のため波が大きく海の透明度がとても心配・・・
地元の方々に話を聞いたりしてオススメいただいたのが、こちらの新城海岸です。

台風通過直後の写真なのですが、海面はザワついていますがさすがわ沖縄です。
青い海!!もうこれを書いているだけで胸が躍ります!!すごくキレイです!!

少し上の方からの写真がこちら。
ビーチがメインですが浅瀬にも岩場があるのが見えると思います。
残念ながら水中の写真は残っていないですが、ニモさんなどたくさんの鮮やかな魚たちとたわむれることができましたよ!
ここを教えてくれた地元の方々に感謝の気持ちでいっぱいでした!

■【ちょっと話はそれますが】沖縄に行くならこちらもオススメ

国道を通るついでにぜひ行っていただきたい!
オススメスイーツショップの紹介をさせてください♪

・JIMMY(沖縄にしかないケーキ屋さん)

ケーキ以外のアメリカの食材や、沖縄のローカルフードも置いています。

沖縄の主要道路である58号線沿いに何店舗かあるのですが、立ち寄り安いのは大山店だと思います
(他にもあるかもしれませんが;;)
アメリカテイストのケーキの中でも特にオススメしたいのはジャーマンケーキです!

(JIMMY HPでの画像使用ができないためこちらの画像のみしかお見せできませんが、右側がジャーマンケーキです!)
チョコレートベースのシフォンケーキに、ココナッツとクルミが入った甘~いクリームが乗っているのですが、アメリカ特有のテイストがたまりません!
オリヴォンは近くのスーパーで牛乳を買って一緒に食べました。
最高のコラボレーション!
ちなみにJIMMYは那覇空港にもお店が入っています。

残念ながらケーキは売っていないのですが、クッキーやマフィンなどの焼き菓子がたくさん売っていますよ。
沖縄で車移動をしない人でも購入できますのでぜひ立ち寄ってみてください!
オリヴォンは毎回おみやげはココで買っていくことにしています♪

さらに話は反れるのですが牛乳を買ったことを思い出していたら、紹介させていただきたいものがありました!

・ゲンキクール(沖縄にしかないドリンク)

ゲンキクール!
これは買わない訳には行かず、即座に手にとり購入しました!
気になる味なのですが、柑橘系の乳製品といったところでした。
どうも沖縄本島には売っていないようで、石垣島だけで売られているもののようです。
ぜひ行くことがあれば試してみてください♪

海レジャーそのものはもちろん楽しいのですが、それに付随したグルメだったりショッピングだったり、人との出会いだったり、もうなんとも言えないモノを得られるのがサイコーです!
海レジャーの楽しさ、素晴らしさをこれからもたくさんお伝えしていこうと思います!
これからも見ていただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします♪

次回は日本を飛び出して、BALI島をテーマにお伝えしていきます!

この記事を書いた人
オリヴォン

10代の頃から、週末は湘南。平日も湘南。毎日湘南。学校どうした!?っていうくらい、湘南。
海・海・海、な毎日!日本を飛び出してバリ島でも海・海・海な休暇を過ごすのが至極のご褒美!
ボディボード・ロングボード・サップ・シュノーケル大好き!仕事は二の次三の次!
そんなenjoy-lifeしちゃってますが、この経験が皆さんのエンジョイのヒントになったらいいな、と思って記事を書いています。

人生はエンジョイ、エンジョイは作れる!
エンジョイは自分で作るもの、がモットーです(*'▽')

オリヴォンをフォローする
たのしむ
スポンサーリンク
オリヴォンをフォローする
こそだて部

コメント

タイトルとURLをコピーしました