企業研修トレーナーが、育成において最も大切にしている事を公開!

まなぶ
スポンサーリンク
ミシェル佐藤

企業研修トレーナーのミシェル佐藤です。こんにちわ。

今回は、企業研修トレーナーが人の育成において最も大切にしている事をお話したいと思います。

いろいろな育成方法を試しているのに、効果が薄い…なぜ?
必死に育成を頑張っているのに、部下がついてきてくれない…なぜ?

そういう体験をした事はありませんか?

必死に部下と向き合い、いろんな育成方法を試して、参考書籍も読んで、チームリーダー研修などにも積極的に参加、自分自身の成長も手を抜かず努力している。

なのに成果が出ないと…悲しいですよね。

その必死の努力が報われる様に、現役企業研修トレーナーの私が育成において最も大切にしている事をお話します。

スポンサーリンク

最も大切なのは「否定しない事」

育成において、最も大切なのは否定しない事です。

「そんな事は、知っているよ」

と言う声が聞こえて来そうですね。

そうです、育成に関する様々な書籍や研修でよく言われる事です。

ただ、否定しない事を徹底するのは意外と難しいんです。

ミシェル佐藤

それでも、否定しない事を徹底する事から、すべての育成が始まります!

では仮に、否定した場合はどの様な事が起きるのでしょうか。

否定する事で起きる負のスパイラル!

例えば、部下が失敗をしたとします。

上司Aさん

「そのやり方じゃ、失敗するよね。ダメダメ!もう一回、考えてやってみよう!」

一見、もう一度トライしよう!と前向きな言葉に見えます。しかし、否定的な表現をしているのでこの言葉を受けた時、部下の心は

・失敗したんだ。ダメなんだ。
・もう一度考えても、ダメだったらどうしよう。
・何度も失敗したら、申し訳ないな…

と、心がネガティブな感情に支配されてしまいます。

否定される事で、自信を失います。そして、チャレンジする気持ちを失います

更に、できる人がやった方が良いのではないか?と、自分が会社にいる意味を疑い始めて帰属意識が薄れていきます

大げさだよ!と思うかもしれません。

しかし、些細な否定であっても少しづつ部下の動機(モチベーション)を削り取っていきます

動機は、目標達成における3つの要素の一つです。それがなくなれば、目標達成もできません。


ミシェル佐藤

この事が積み重なればいずれ、自信を失い、新しい事へも挑戦せず、どんなに一生懸命に育成をしても響かない、抜け殻の様な部下になってしまいます!

否定せず、成功へと導く事で起きる正のスパイラル!

例えば、部下が失敗をしたとします。

上司Aさん

「とても良い挑戦だ!失敗の要因を分析して、成功の材料にしよう。もう一回、挑戦してみよう!」

挑戦した事を評価し、成功の為に踏み出す言葉をかける。否定せず声をかけると、この言葉を受けた部下の心は

・失敗したけど、要因を分析して次は成功するぞ!
・成功する為に、新しいアイデアでチャレンジしてみよう!
・何度も失敗しない様に、先輩や上司にも相談してみよう!

と、自信を失う事なく前向きに次への挑戦に進むことができます。

能動的に、自分自身で前に進む気持ちを持つ事ができます。

否定しない=能動的な部下をつくる

という事です。

例えは大げさでしたが、否定しない事で能動的な部下を作れるという事を、知っていただけたと思います。

能動的なマインドを持つ事が、効果的な育成のカギ!

能動的になった人は、本当に目を見張るような成長を遂げます!

だって、勝手に失敗を恐れずチャレンジをし続け、成功の為に創意工夫をして、勝手に成長していくんですから!

しつこい様ですが、否定をしないという事

この「否定しない」は、どんな些細な事も含みます。

「そこは赤じゃダメだよ」「その書類、違う。こっちこっち。」

なんて日常会話で出て来そうですよね。

そんな小さな否定でも、積み重なる事で部下の心を削り取ってしまいます。

ミシェル佐藤

一切の油断をせず、徹底的に否定的な表現を避けましょう!
そして、部下がどんどん成長していく姿を見て、一緒に喜びを分かち合いましょう!


この記事を書いた人
ミシェル 佐藤

湘南生まれ、湘南育ち、湘南在住。

テレマーケティング業界に生息。コミュニケーターからスーパーバイザー、研修担当トレーナーを歴任。コールセンターの新規立ち上げ、コンサルティング、育成体制の構築なども手掛ける。リーダー育成研修を手掛けた際のご縁で、センター長に就任。
現在は、某企業の現役企業研修トレーナーとして年間170講座に登壇する日々。
新しいもの、珍しいものに手を出しがちなガジェット好きおじさん。

ミシェル 佐藤をフォローする
まなぶ
スポンサーリンク
ミシェル 佐藤をフォローする
こそだて部

コメント

タイトルとURLをコピーしました