Amazonからアカウント閉鎖のメールが!フィッシング詐欺!迷惑メールに気を付けて!

じゆうに
スポンサーリンク

Amazonから、アカウント閉鎖の連絡が来ました。先に言いますが、これ

フィッシング詐欺

です!

スポンサーリンク

メール内容の詳細、さっそく確認していくぅ!


Amazonお客様
大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。

ちょっと待て。いきなり閉鎖をするな(爆笑)

冒頭から直球で、突然の閉鎖宣言はやめてください。

お客様のメールアドレスは数回に間違いパスワードでAmazonをログインして試しましたので、アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐために、お客様のAmazonIDはロックされました。
ごIDとパスワードを更新してください。

数回に間違いパスワードでってなんだ(笑)。

そして、ロックされました?

待て待て、メール冒頭では閉鎖されますという未来の話だっただろう。

ロックした後に閉鎖って事?どういうことなのかっ!

そして、「ごID」て…小学生かな?

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。ご利用を待ちしております。

いや、1秒前にロックされたって…。

24時間以内に確認すればロックされないの?んんん?

※ このEメールは配信専用です。ご返信いただかないようお願いいたします。
※ 本メール記載のURLは配信システムにて自動的に割り振られるため、遷移先のURLと異なる場合がありますが Amazonが提供するコンテンツに遷移します。
※ お客様の個人情報は、プライバシー規約に従って収集・利用・管理されます。
発行:アマゾンジャパン合同会社
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
問い合せ先
配信停止
c 2019 Amazon.com, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 無断転載・複製を禁止します。 Amazon, Amazon.co.jp, アマゾン、 Amazon Services, Amazon出品サービス、その他Amazonのサービスに係る名称・ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

この辺は、本当のAmazonの情報が書かれてます。

問い合わせ先のリンクも配信停止のリンクも、ホントのAmazonのサイトに繋がりました。


メールの文章が小学生以下で、あまりにもひどいので、すぐ迷惑メールだとわかります。

ただ、このメールの差出人の情報などが

@amazon.co.jp」と表示されているので、普段あまりPCやインターネットをしない方だと

本当にAmazonなの!?

って思っちゃうかもしれないですよね。要注意ですよ!

実際にログインしてみる ※良い子はマネしないでね!

まず、この

Amazonログイン?

をクリックします。

なぜハテナマーク付けたのか…

Googlechromeで開こうとすると

この様な警告が!

守られている…守られている!

が、無視して進みます(笑)

これはっ!!!

まるで本物のAmazonログイン画面!

が…んん!?おかしい!

URLが「amamons」?

アマモンズて…

新しいポケモン!?

気にせず、ログインしますよ!

本当の情報を入れるのは怖いので。

が!なんと漢字やひらがなを入力したら、ご丁寧にエラーになりました。

無駄に良くできているな…フィッシング詐欺サイトよ!

はい、ちゃんと入力しました。

さっそく、ログインボタンをポチー!

適当なメールアドレスなのに

ログインできましたー!!!

更に続けますよ!ポチー!

ココが危険な部分!
絶対に入力しちゃダメ!

ここに情報を入力して送信すると、詐欺集団に情報を送る事になります。
気を付けて!!!

詐欺メールの被害にあわない為に

今回のメールは

・文章や内容は小学生レベル

・入力サイトの作りこみは、本物レベル

でした。

文章やURLを見て詐欺サイトだとわかればいいですが、わからない人もいると思います。

是非、友人や知人との雑談の中で「Amazonに偽装したフィッシング詐欺サイトがあるらしいよ!」って話題に出してみてください。

話題に出す事で、詐欺サイトがある事が広まります。

詐欺サイトの存在を知っていれば、みんな慎重になりますよね。

皆さんも、詐欺サイトにはご注意くださいね!

この記事を書いた人
ミシェル 佐藤

湘南生まれ、湘南育ち、湘南在住。

テレマーケティング業界に生息。コミュニケーターからスーパーバイザー、研修担当トレーナーを歴任。コールセンターの新規立ち上げ、コンサルティング、育成体制の構築なども手掛ける。リーダー育成研修を手掛けた際のご縁で、センター長に就任。
現在は、某企業の現役企業研修トレーナーとして年間170講座に登壇する日々。
新しいもの、珍しいものに手を出しがちなガジェット好きおじさん。

ミシェル 佐藤をフォローする
じゆうに
スポンサーリンク
ミシェル 佐藤をフォローする
こそだて部

コメント

タイトルとURLをコピーしました